レンタルしたAEDを幅広く活用

レンタルされたAEDは様々な場所に設置されています。人が集まるような場所では、よく設置されているのを見かけます。毎日のように見る機会のあるAEDでも、使い方を知っている人はあまり多くはありません。周囲の人に聞いてもぼんやりとした回答しか得られず、詳しく知っている人を探すのはとても大変です。

認知度が高まっても、基本的な役割や操作方法を知らなければ、レンタルしている意味がありませんし、助かる命も救えなくなります。講習会が実施されるケースも増えていますが、まだまだ足りないのが現状です。AEDをレンタルすることになったら、まずは役割を押さえます。心肺停止の状態になった人に対して、自動的に測定した心拍状態に基づいた電気による除細動を行い、正常な状態に戻すことを役割としています。

電気ショックを行うかの判断は、AEDが解析を行った結果で決まりますので、処置を行う人が患者さんの状態を見て決断するものではありません。緊急時に使用できるように多くの場所に設置されており、多少の衝撃には耐えられるような設計です。低い位置から落としても壊れません。使用方法ですが、蓋を開けるか電源スイッチを押して電源を導入します。

そうすると音声ガイダンスが流れ始めますので、内部にある電極パッドを取り出してシートをはがしたら右胸と左わきに貼って患者さんから離れます。解析が行われて電気ショックが必要だとの判断が出たら、周囲の人に離れるように指示を出して電気ショックボタンを押すというのが一連の流れです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.