レンタルのAEDを正しく使うために

レンタルのAEDを設置しているだけでも安心感があります。万が一心停止の人が出ても、電気ショックを与えることで救命できる可能性があり、処置が早ければ予後も良好です。一人でも詳しい人がいれば更に行動は迅速になり、必要な処置を素早く行うことで命をつなげます。大事なのは、使う可能性がないかもしれないという状況でも正しい知識を身につけようと努力することであり、発信源が不明な情報は鵜呑みにしてはいけません。

AEDを起動すると、その時点で救急車を呼ぶための通報が行われると思い込んでいる人がいますが、そのような機能はありませんので、準備をしながら119番通報をする必要があります。このあたりの情報は当たり前すぎて、レンタル会社でも説明しない可能性があります。これまでにそのような誤りを耳にしたことのあるスタッフがいれば、注意点として説明されるかもしれません。その程度の勘違いではありますが、救急車を呼んだつもりで通報していないとタイムロスにつながって、救える命も救えないことが出てしまいます。

電極パッドを貼ると解析が始まり、その間は患者さんから離れます。解析が終わると電気ショックが必要な場合にはボタンを押すように指示されますが、心電図の解析中に胸骨圧迫を行うとAEDが上下運動を心臓が動いていると勘違いするため、その間は一時的に手を止めましょう。基本的な流れに関しては、レンタル会社が事前に細かな指導を行います。AEDのレンタルのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.