家庭用にもレンタルできるAED

AEDのレンタルというと、商業施設や会社等の人が多く集まる場所に設置するというイメージがあります。確かに人が集まってくる場所には設置することが望ましく、大勢がいればその中には扱える人もいます。いざという時にためらわずに処置を行うことで救える命がありますので、たくさんの場所に設置されることが望ましいと言えますが、必要となるのは公共の場所だけではありません。実は心停止がもっとも多く発生しているのはご家庭内であり、ご家庭ごとにAEDをレンタルしていれば救命率を上げることが可能です。

近年では家庭内に設置することを促すような動きもあり、導入実績も増えています。家庭用のAEDをレンタルする場合、それぞれの使用に合わせた機種を選べます。まずは業者に問い合わせてどのような機種が向いているのかを確認し、コスト面もしっかりとチェックしておくことが大切です。商業施設ではありませんので、設置に場所をとらないように小型のもので構いません。

小さめのAEDをすぐに取り出せるような場所に置いておき、いざという時にすぐに準備できるようにします。いくら設置していても奥深くにしまいこんで取り出せないと意味がありませんので、すぐに取り出せる場所にするのがポイントです。家族で使い方を学ぶことも忘れてはいけません。設置するだけでは意味がなく、万が一の際には使いこなすことが求められるため、家族皆が使えるようにしておくことが大切です。

一度手順を確認しておくと、使わなければならないような状況に陥った時に落ち着いて対処できます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.