AEDの導入がレンタルが最適になる理由

心肺蘇生に貢献するAEDは素人でも取り扱いができるように工夫されており、企業が自社内に完備したり店舗内に完備するなど普及は進んでいることは確かです。法人利用では新品を購入するよりもAEDの場合はレンタルを利用することが最適になり、まずは月額料金の安さをあげることができます。初期費用をゼロ円にしており、完全に月額制を採用するレンタル会社があり、機種による違いがありますが4、000円程度から5、000円程度の機種が多い傾向にあります。この料金であれば経費の負担を感じずに導入できるメリットがあります。

月額料金の中には、パッドなど消耗品の交換費用も含んでいたり、整備点検の費用も含んでいることが多く、契約期間中に破損してしまった際にも無償で交換を行うサービスの良い会社も実在しています。もしも自社で購入をする方法では、メンテナンスの費用が掛かってしまい故障を起こしていても気付かないままで設備にしてしまう可能性もあるので、レンタルであればフルサポートを利用できることは大きなメリットです。AEDは1度の購入で永遠と使えるものではなく、メーカーによる違いがあるものの耐久年数は長くても約8年とも言われています。耐久性を考慮してもレンタルの方に魅力があり、契約期間が満了した5年後や8年後にはその時の新しい機種をレンタルすることができるので、常に最新の機種を使い続けることを可能になる便利なAEDの導入方法になります。

期間は3年間や5年間、8年間などから選べますが、永続的に使うことが分かっている場合は8年契約など期間を長くすることで費用も引き下げられます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.