ファクタリング会社はしっかりと比較を

  • ファクタリングの2社間と3社間を比較してみる

    • ファクタリングは、企業が有している売掛債権を業者が買い取り、手数料などを差し引いた分を企業に支払う仕組みです。

      資金調達法のひとつとして利用されており、融資のように審査が必要ないこと、取引全体がスピーディーであることなどがメリットとして挙げられます。
      そんなファクタリングには、2社間で行われるものと3社間で行われるもののふたつがあります。

      それぞれを比較してみると、同じファクタリングでもメリットなどが異なってきます。

      まず2社間ですが、こちらは売掛先がこのサービスを利用している企業に売掛金を支払うのが大きな特徴です。売掛先と利用企業のみでのやり取りとなるため、このサービスを利用していること自体は売掛先には通知されないと言うのはメリットだと言えます。


      ただし売掛金をその後でファクタリング業者に引き渡す必要があり、それまでに使ってしまうなどのリスクもはらんでいることから、3社間と比較すると手数料は高めに設定されていると言うのはデメリットだと考えられます。

      これと比較すると3社間の方は、売掛先から業者に直接、売掛金の支払いが行われます。

      おすすめのファクタリングの人気度が上昇しています。

      よって売掛金の使い込みなどのリスクは低いため、手数料が低めに設定されていると言うメリットがあります。



      せっかくファクタリングを利用しても、手数料が高額だと、本来、手元に入ってくるはずのお金からかなり減額された金額になってしまう恐れもあるので、この辺りは留意しておく必要があります。