スクラバーの種類と特徴について

by:

スクラバー暮らし生活/暮らし

スクラバーは細長い筒状をしており、洗浄塔システムとも呼ばれる大気汚染を防止するための装置です。19世紀に潜水艦の二酸化炭素を除去するために開発されましたが、現在では工場などから排出されるガスを浄化するのに使われています。排ガスから粉塵や汚染物質を取り除くスクラバーには、大きく分けて湿式と乾式の2種類があります。化学製品や食品などを製造する工場では強い臭いのある物質や、汚染物質を含むガスが発生します。

有害物質を含んだガスをそのまま排出すると、スタッフや近隣住民に健康被害が生じる可能性があります。スクラバーを導入すれば、適切に排ガスを処理して安全な状態に変えてから排出できるので安心です。湿式は水や薬液を噴射しているところに排ガスを通し、汚れを除去する仕組みになっています。乾式は吸着性が優れた活性炭やフィルターを使っており、排ガスを通過させて汚れを取ります。

湿式にはさらに充填塔式と無充填塔式の2種類があり、それぞれに異なる特徴が存在します。充填塔式は内部に複数の層状に敷き詰められた充填剤があって、上からシャワーをかける構造になっています。排気ファンを使って排ガスを内部に通し、充填剤を通過させると浄化できます。無充填塔式は充填剤を使わず、排ガスと洗浄液を気液接触させる仕組みになっています。

ブロワーを使って排ガスを取り込み、水と接触させると臭気や埃などを除去できます。スクラバーには様々な種類があるので、使用環境に応じて最適なものを選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です