スクラバーには様々な種類があります

by:

スクラバー暮らし生活/暮らし

スクラバーは細長い塔のような形状なので洗浄塔とも呼ばれており、排ガスに含まれる有害物質を除去する機能があります。例えば鋳造工場では排ガスに粉塵やアンモニアなどが混じっていることがありますが、この装置を使えば浄化できます。粉塵が混じった排ガスがそのまま人体に入ると、呼吸器に重大な影響を及ぼす可能性があります。強い臭いがあるアンモニアを大気中に放出すると、近隣住民との間でトラブルになる可能性があるので注意しなければなりません。

スクラバーには大きく分けて湿式と乾式があり、湿式はさらに充填塔式と無充填塔式に分類できます。湿式は水や薬液を噴射しているところに排ガスを通して汚れを除去する仕組みになっています。充填塔式は内部に複数の充填剤が層状に敷き詰められており、ファンで排ガスを通過せているところに上からシャワーをかけます。無充填塔式は充填剤を使わず、排ガスをブロワーで内部に取り込み水と接触させて汚れを取り除きます。

乾式のスクラバーは活性炭などの吸着剤フィルターを使って汚れを除去します。フィルターがカートリッジになっているタイプは、古くなったら簡単に交換できるというメリットがあります。排ガスには酸性や中性、アルカリ性のものがありますが乾式には排ガスの性質に対応したフィルターが用意されています。化学工場や食品工場など、発生する排ガスの性質に応じて最適なフィルターが欲しい場合には乾式を選ぶのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です