スクラバーは大気汚染を防止します

by:

スクラバー暮らし生活/暮らし

スクラバーは19世紀に潜水艦の二酸化炭素を除去することを目的に開発されましたが、現在では工場などの排ガスを浄化するために使われています。細長い筒状なので洗浄塔システムとも呼ばれており、大気汚染を防止する機能を持つ装置です。工場などで発生する排ガスには粉塵や様々な有害物質が含まれており、そのまま放出すると大気を汚染してしまいます。工場などで働くスタッフだけでなく近隣住民にも健康被害が生じる可能性があるので、この装置で空気を綺麗にする必要があります。

アンモニアなど強い臭いがする物質が含まれた空気をそのまま排出すると、近隣住民との間で訴訟に発展する可能性もあるので注意しなければなりません。トラブルを回避して円滑に工場などの施設を運営するために、スクラバーは非常に重要な役割を果たしています。この装置には湿式と乾式の2種類がありますが、湿式にはさらに充填塔式と無充填塔式の2種類があります。どのタイプも汚れた排ガスを浄化する働きがあるので、予算や使用環境などを考慮して選びます。

湿式は水や薬液を使うのが特徴で、充填塔式は内部に層状の充填剤が敷き詰めてあります。水や薬液に排ガスを通せば含まれている汚れを効果的に取り除くことができます。排ガスには酸性や中性、アルカリ性のものがありますが乾式にはそれぞれの性質に合ったフィルターが存在します。工場などで様々な性質の排ガス発生している場合は、乾式スクラバーを選ぶとよいでしょう。

乾式には活性炭などがフィルターとして使われており、カートリッジ式のものならば簡単に交換できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です