スクラバーは空気を綺麗にする装置です

by:

スクラバー暮らし生活/暮らし

工場や実験室など粉塵や有害物質を含む排ガスが発生する場所では、空気を清浄化する装置が必要になります。19世紀に潜水艦の二酸化炭素を除去する目的で開発されたスクラバーは、現代の工場などで欠かせない存在です。この装置には薬液や水を使う湿式と、活性炭などをフィルターにする乾式の2種類があります。工場などでは様々な汚れを含む排ガスが発生しており、そのまま放出すると大気を汚染するだけでなく従業員や周辺住民に健康被害を及ぼします。

汚れた空気を外部に放出する前に、最適なタイプのスクラバーを使って浄化する必要があります。製薬工場では製造している漢方薬が強い臭いを放つことがあり、排ガスを未処理のまま放出すると周辺住民との間でトラブルに発展しかねません。化学工場では製造する製品によってホルムアルデヒドなど様々な種類の有害物質が発生しています。ゴム製品の製造工場でも粉塵や有機溶剤などが混ざった排ガスが発生しており、スクラバーを使って浄化しなければそのまま外部に放出できません。

湿式のスクラバーには充填塔式と無充填塔式の2種類があり、水や薬液で汚れを効果的に除去してくれます。充填塔式は内部に排ガスを取り込んで充填剤と水を通過させる仕組みになっていて、汚れが水で洗い流されます。無充填塔式は排ガスと水や薬液を混合することで汚れを除去します。乾式は活性炭などを使ったフィルターに排ガスを通して汚れを落とす仕組みになっています。

いずれのタイプも効果的に汚れを除去できるので、導入を検討している場合にはガスの性質や使用上などに応じて最適なものを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です