汚染物質を取り除くスクラバーの種類や構造とは

by:

スクラバー暮らし生活/暮らし

スクラバーというのは、工場などの排ガスから粉塵や汚染物質などを取り除く装置です。この装置には乾式と湿式の2種類があります。細長い筒状の装置は塔のように見えることがあり、洗浄塔といわれることもあります。食品工場や化学工場、実験室などさまざまな場所から出る排ガスや処理ガスには、汚染物質や有害ガス、臭気物質などが含まれていることがあるため、そのまま外部に放出はできません。

汚染物質や臭気で付近の住民に迷惑をかけることはもちろん、環境汚染にもなりかねないからです。そういった場合にスクラバーがあれば、汚染物質などを処理して外部へ放出できるようになるというメリットがあります。乾式の構造は活性炭などの吸着剤のフィルターがカートリッジ式になっているものがあり、そのフィルターに排ガスを通します。乾式は水に溶けにくい排ガスや、臭気ガスなどに有効です。

処理したい排ガスの種類によってフィルターや吸着剤を選べます。フィルターがカートリッジ式ならば交換が楽になりますので、どの排ガスが放出されるのかによってフィルターのタイプを選んでください。湿式スクラバーは充填塔式と無充填塔式があり、充填塔式は内部に何層もの充填材を敷き、そこへシャワーをかけて排気ファンでガスを塔の内部に通し充填材を通過させていきます。無充填塔式の場合は充填材は使いません。

洗浄液を排ガスを気液接触させ、排ガスをブロワーで内部に取り込みます。水と接触させることでホコリや臭気を除ききれいなガスを放出する構造です。スクラバーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です