熱交換器とスクラバーを組み合わせるメリット

by:

スクラバー暮らし生活/暮らし

世界各国では、既存の火力発電から再生可能エネルギーへとシフトを変更する動きが活発となっています。昨今は世界規模で異常気象が顕著となっており、これは日本も例外ではありません。夏になるとゲリラ豪雨、大型台風が襲来して多大な被害を残していっています。さらに平均気温が40度を記録することも珍しくなく、異常気象が目に見える形となりました。

まだ国内では約60パーセントのシェアで火力発電ですが、2025年までにすべての施設を封鎖して新たな発電を実施する予定です。それが熱交換器を使用した地熱発電であり、スクラバーを組み合わせることで効率良く1日4、000kwhの電力を賄えます。ここでは簡単にスクラバーの概要を解説していきましょう。本来は石油タンカーに使用されていた産業機器で、空気を循環させることで効率良く液体の温度を一定に保つことが可能です。

石油の場合、軽油・ガソリン・重油と一つのタンク内で異なった性質の液体を保管しないといけませんが、スクラバーなら24時間撹拌し続けられるので、液体が混ざり合う心配がありません。熱交換器にスクラバーを設置するのも同じ理由であり、本体のタービンを駆動させ続けるには水温を一定にしないといけないからです。日本では今後、企業や会社・病院でも地熱発電が主力となるので。スクラバーという機器の注目度は高くなるでしょう。

国産の産業機器となっており、成長を見越せる分野であるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です