スクラバーの概要と種類別用途

by:

スクラバー暮らし生活/暮らし

スクラバーは、「洗浄塔システム」や「洗浄集じん装置」と言われることもある、大気汚染防止装置のひとつです。おもに、工業用で出るガスや煤塵(ばいじん)粒子を取り除くために用いられています。初期の空気洗浄塔は潜水艦の二酸化炭素除去のために設計され、この技術が今も利用されています。スクラバーの洗浄方法はいくつか種類がありますが、代表的なものが「湿式」と「乾式」によるものです。

湿式は、空気や煙道ガスなどから、煤塵粒子や汚染物質を除去するのに用いられています。洗浄塔システムによって、これら環境に悪影響をおよぼす物質を除去・中和することができるという仕組みです。湿式洗浄は、洗浄液と処理する化合物などが接触することではたらき、水など、対象の化合物に対応した溶液を用います。もう一方、半乾式を含む乾式洗浄は湿分を飽和させる湿式とは違っています。

ただし、湿分が加わらない一方で、煙道ガス内で蒸発できる程度の湿分を加えることもあります。どちらにしても蒸発してしまうため、湿分が加わっても排出・排水処理が不要です。乾式スクラバーの設計はいくつかのパターンがありますが、ほとんどのものは、2つのセクションから成り立っています。それはまず、酸性ガス収着媒をガスの流れへ導くところ、そして生成物や粒子・よけいな吸着剤・煙道ガスの中の煤塵をコントロールする部分です。

乾式は主に、工業排水処理の過程で出る腐食性ガスや臭いを除去するために用いられ、吸着媒に使用するのは、硫化水素などガス処理に使うための物質を含んだものです。そこに、アルデヒドやジメチルスルフィドなどを混合して使用することもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です