スクラバーで処理する物

by:

スクラバー暮らし生活/暮らし

スクラバーは工場からの煤塵やガスを処理する際に使う装置です。スクラバーは当初、潜水艦から放出される二酸化炭素を除去するものでした。その技術は今日のものに生かされています。湿式洗浄タイプのスクラバーにおいては、処理する化合物また粒子状態の物を洗浄液と接触させます。

塩化水素やアンモニアといった水溶性の毒物、あるいは腐食性のガスを含んでいるものも、湿式タイプで処理することができるでしょう。水銀という非常に高い毒性のある元素が工場で問題になることも多いです。水銀は石炭また都市ごもの中にも含まれています。湿式タイプのスクラバーは酸化水銀などの溶解性のものであれば効果的に取り除くことができます。

元素状態の水銀蒸気はスラリーに対して不溶ゆえ取り除くことができません。このため、水銀蒸気処理では更なるプロセスが必要になります。通常はそのガスにハロゲンを加えて酸化処理します。スクラバーには様々な種類がありますし、ランニングコストや本体価格も色々です。

その製品のホームページなどを見て、あなたの工場に最適なものを選んで設置してください。最後、乾式タイプにも触れておきましょう。このタイプの製品は、湿式では処理することができない物にも対応しています。その構造は湿式とは違います。

どちらを使用するか、それぞれの製品の特徴を踏まえて決めてください。決めるにあたり、同業の工場におけるスタッフの体験などを参考にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です